ZEHの家

 ZEHとは? 

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略です。 消費電力のムダを省く「省エネ」とエネルギーを創り出す「創エネ」を組み合わせることで、「エネルギーの収支を”ゼロ”にする」住まいのことです。

■未来の住宅はこのように変わります。
温室効果ガスを削減し、地球環境にやさしい暮らしを目指し、政府では2030年までにZEHを新築住宅の標準にする、としています。

 シマダ工務所のZEH 

(家庭内で消費するエネルギー)ー(シマダ工務所の家+太陽光発電システム)=エネルギー収支ゼロ

これからの家「ZEH」を実現するために必要なのは
「断熱」・「省エネ」・「創エネ」の3つ

断熱について

ZEHとして認定されるためには、住宅全体の断熱性能を高めることが必須です。 具体的には、断熱材や窓の性能を高めます。
断熱材:高性能グラスウールやウレタンパネルなどの高性能な断熱材を使用し、住宅の高断熱化を実現しています。
窓:アルミと樹脂の良さを融合したハイブリット窓や、寒冷地で使われている樹脂窓で、開口部(窓)からの熱の出入りを防ぎます。

省エネについて

LED照明・高効率タイプの給湯器・省エネエアコンなどの設備。
さらに、HEMS(ヘムス)という家庭内で消費するエネルギーと、太陽光発電システムで創るエネルギーを確認できるシステムの導入が必要となります。

創エネについて

太陽光発電システムなどの再生可能エネルギーシステム。

■ZEHのメリット

つまり・・・
ZEHの家=安心で快適なくらし

 ZEH目標 

シマダ工務所は、2020年度までにZEH普及率50%を目指します。

新築注文住宅 ZEH BELS
実績 2016年度 0% 0%
2017年度 0% 25%
目標 2018年度 35% 50%
2019年度 35% 50%
2020年度 50% 100%

※BELS(ベルス)の家:建築物の省エネルギー性能表示制度により、一次エネルギー消費量基準を満たす家。

ページトップへ